ぺっと速報

ねこの可愛い画像・動画・情報をはじめ、いぬ・うさぎ・ハムスター・かめ等動物全般の画像・動画・情報をまとめました。

    ねこの画像・動画・情報を紹介します♡その他、いぬ・うさぎ・ハムスター・かめ等動物全般紹介します♡

    カテゴリ: とり



    (出典 www5e.biglobe.ne.jp)



    【【話題】奇跡の1枚、フクロウがウィンク! 動物園の飼育員が撮影 急きょ雪だるまもコラボ「チャンスと思って…」】の続きを読む


    道端で保護した野鳥について、ある男性がSNSに投稿した写真が話題になっています。

    マット・グレイブリングさんはイギリスのテレビ局BBC Southのレポーター。

    ある日彼がいつものように取材現場に向かっていると、道端にうずくまっている野鳥を発見しました。

    車を停めて近づくと、どうやら野鳥は気を失っている模様。明らかにどこか具合が悪そうだったため、マットさんは一旦車のシートにその野鳥を乗せ保護することにしました。

    Twitterに投稿されたレポート

    その時のツイートがこちら。

    2:30pm – Driving to filming location

    2:45pm – Pick injured bird off the road and put in car.

    3:00pm – Unconscious bird wakes up.

    3:01pm – Escape from car

    3:02 – 6:29pm – Unable to get back in car.

    6:30pm – RSPCA turn up to take away the angry, injured bird.

    Just another day pic.twitter.com/XRkN2daaZ7

    — Matt Graveling (@mattgraveling) 2018年4月12日

    午後2時30分:車で撮影現場へ向かう。

    午後2時45分:道端で傷ついた野鳥を発見し、車に乗せる。

    午後3時:気を失っていた野鳥、目を覚ます。

    午後3時1分:野鳥、車から脱出。

    午後3時2分~6時29分:車に戻れず。

    午後6時30分:英国王立動物虐待防止協会のスタッフが現れ、暴れる傷ついた鳥を保護。

    そんなありふれた一日。

    ただの野鳥かと思ったら…

    Twitter@mattgraveling

    Twitter@mattgraveling

    プロのレポーターらしく、シンプルで的確に状況を伝えたマットさんでしたが、その後驚きの事実が発覚します。

    どうやら彼が保護したのはただの野鳥ではなく、イギリスでも絶滅危惧種に指定されている希少なアカトビだったようで、写真を見た野鳥ファンから驚きのコメントが届いたのです。

    This is not just a bird. THIS IS A RED KITE OMG YOU LUCKY PERSON TO BE GRACED WITH THEIR AWESOME PRESENCE!

    — ꜱᴋᴇʟʟᴡᴇᴇɴ (@Skelloween) 2018年4月13日

    これはただの鳥じゃなくて、アカトビだよ。本物にお目にかかれるなんて、君はかなりの強運の持ち主だね!

    このほかにもマットさんのツイッターには、彼の行いを称えるコメントなども沢山寄せられています。

    優しく献身的なマットさんに見つけてもらえて、アカトビの方も幸運でしたね。

    傷ついた野鳥を保護した男性に告げられた衝撃の事実とは?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 i.pinimg.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【とり】傷ついた野鳥を保護した男性に告げられた衝撃の事実とは…?】の続きを読む


    【とり】眼光鋭い「ハシビロコーヒー」が話題!神戸どうぶつ王国の副支配人に話を聞いた



    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)



    目力がすごいと話題の「ハシビロコーヒー」について、神戸どうぶつ王国の副支配人兼広報担当者に話を聞いた。

    リアルな「ハシビロコーヒー」が話題

    兵庫県神戸市にある「神戸どうぶつ王国」内のアルパカカフェでは、アフリカ中央部の湿地に生息する「ハシビロコウ」をデザインした「ハシビロコーヒー(380円)」を販売している。

    鋭い眼光に、巨大で逞しいくちばし。羽が取っ手となっている。

    提供:神戸どうぶつ王国

    提供:神戸どうぶつ王国

    ネット上で「パンチある」「本物かと間違えるほどリアル」「秀逸すぎ」「圧迫感が凄い」「シュールで好き」「ハシビロコウと見つめ合えるとか、これ飲むためだけでも行きたい」などと話題になっている。

    『野生の今』を伝え・考えるキッカケにと誕生

    神戸どうぶつ王国によると、同コーヒーは単なるアニマルフードではなく、誕生に関するストーリーがあるという。

    担当者は、「昨今、『地球環境』『環境保護・保全』などを伝える際に『生物多様性』という言葉を聞くことが多くなりました」として、こう語る。

    地球上の生物は人間も含め、生命がつながっています。

    私どものような施設は、珍しい動物や可愛い動物をお客様に紹介するだけでなく、その動物たちの本来の住処「野生」が今どのようになっているのか、そして彼らはどうしているのか・どうなっていくのかを伝える義務があります。更には、そうならないために今私たちが出来ることってなんだろうと考えるきっかけを作ることも重大な責務だと考えています。

    この「ハシビロコーヒー」もそんな思いから誕生した商品です。

    コーヒー豆にこだわり

    環境省「国連生物多様性の10年日本委員会」が生物多様性保全のためにできることとして実施している「MY行動宣言」の子ども向けのリーフレットには、「私たちと生きもののためにできる5つのこと」として、次の5点が紹介されているという。

    ①   ふれよう  いろんな人と、いろんな季節に生きものがいるところに行こう

    ②   たべよう  季節のもの、近くでとれたものをたべよう

    ③   えらぼう  生きものにやさしい商品を調べよう、えらぼう

    ④   まもろう  生きものをまもる活動を調べて参加しよう

    ⑤   つたえよう 生きものに出会って感じたことを家族や友だちにつたえよう

    この中の「③えらぼう」では、森や海にやさしいマークのついた商品を選ぼうということで、「レインフォレスト・アライアンス」が紹介されているそう。同コーヒーの開発にあたっては、この「③えらぼう」マークの付いた豆を選ぶということが絶対的な要素だったという。

    お客様はこの「ハシビロコーヒー」をお買い求めいただき召し上がっていただくことで、このような活動に自然と参加されていることになる仕組みになっています。

    また、使用している豆の一部はハシビロコウの生息地タンザニアの豆を使用しており、ストーリーがつながっています。

    提供:神戸どうぶつ王国

    提供:神戸どうぶつ王国

    譲れなかったのは「眼力」

    また、スリーブ(紙コップに被せるカバー)に関しても、いろいろと工夫や苦労があったそう。数社から提案してもらったが、まずは同王国のコーヒーに対する思いに賛同してくれる企業にお願いしたという。

    このタッチになるまでに数回のセッションを重ね出来上がったものです。

    王国として絶対譲れなかったのは、ハシビロコウの「眼力」。「どや?どうや)」「うまいか?」と言わんばかりに見られている(睨まれている)「眼力」には何度もダメ出しをさせていただきました。

    可愛さではなく、リアルなデザインにした理由を聞いた。

    「ハシビロコウ」は、『かわいい』ではなく、『カッコイイ』『どや顔』『ハンターの眼』というイメージなのでリアルデザインにしました。

    ちなみに、ネーミングに関しては、イマジネーションの神様が降りてきている飲食スタッフがおり、その彼が発想したという。

    提供:神戸どうぶつ王国

    提供:神戸どうぶつ王国

    来園者を「トリこ」に!容器は持ち帰りOK

    同商品に対して、来園者からはたいへん好評だという。

    ハシビロファンだけでなく、たくさんのお客様のハートを「トリこ」にしており、SNSなどで話題になっていると聞いています。先日は、小さなお子様がお母様におねだりしている姿をお見かけしました。

    捨てるのがもったいないが、コーヒーの容器は持って帰ってもいいのだろうか。

    はい、お持ち帰りいただけます。(お持ち帰り袋はついていません)

    提供:神戸どうぶつ王国

    提供:神戸どうぶつ王国

    「繋がっていくことを、心に留めてもらえれば」

    同商品に込める思いについて、「最初に話した誕生ストーリーのようなことが、ぜひお客様に伝われば嬉しく思います」とした上で、こう語る。

    お客様にお召し上がりいただいているコーヒー1杯が、地球を救うという壮大なことにつながっていくこと、生物多様性循環の輪「生命のつながり」を守ることに繋がることを、ぜひ心に留めていただければと思います。

    ビジュアルが目を引く「ハシビロコーヒー」。そんなことを考えながら、素敵なコーヒーブレイクを!

    眼光鋭い「ハシビロコーヒー」が話題!神戸どうぶつ王国の副支配人に話を聞いた


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【とり】眼光鋭い「ハシビロコーヒー」が話題!神戸どうぶつ王国の副支配人に話を聞いた】の続きを読む

    このページのトップヘ