ぺっと速報

ねこの可愛い画像・動画・情報をはじめ、いぬ・うさぎ・ハムスター・かめ等動物全般の画像・動画・情報をまとめました。

    ねこの画像・動画・情報を紹介します♡その他、いぬ・うさぎ・ハムスター・かめ等動物全般紹介します♡

    カテゴリ: 動物全般


    【発見】長崎・対馬にカワウソ=国内で38年ぶり確認―琉球大 !



    琉球大学は17日、長崎県対馬でカワウソの動画を撮影したと発表した。環境省が実施した調査で、カワウソのDNAが検出された。カワウソの生息が国内で確認されたのは38年ぶりで、種の特定を進める=2月6日撮影【時事通信社】
    時事通信社

     琉球大学は17日、長崎県対馬で今年2月6日にカワウソの動画を撮影したと発表した。環境省が7月に実施した調査でふんなどを採取し、分析した結果、カワウソのDNAが検出された。カワウソの生息が国内で確認されたのは38年ぶりで、種の特定を進める。

     ニホンカワウソは明治時代まで川辺に広く生息していたが、毛皮を目的とした乱獲などにより減少。国内では1979年に高知県内で目撃されたのを最後に生息が確認されておらず、2012年に絶滅の恐れがある野生動植物を示した「レッドリスト」で既に絶滅した「絶滅種」に指定されていた。

     同日会見した琉球大学の伊沢雅子教授は「顔や尾の特徴などからカワウソであるのは間違いないが、ニホンカワウソかどうかは分からない」と述べた。

     大学の説明によると、カワウソは対馬でツシマヤマネコの生態調査のために設置した自動撮影装置で確認。動画からは種の特定まではできなかったが、対馬で生き残っていた可能性や韓国から泳いで渡ってきた可能性などを指摘しており、この点も含め調査する。

     琉球大から報告を受けた環境省は7月中旬に専門家を派遣して調査を実施し、ふんなどを分析した。二つのふんからニホンカワウソを含むユーラシアカワウソのDNAを検出。うち一つは韓国などで確認された種のDNAに近いという。同省はニホンカワウソかどうかなど詳細を調べるため、今月下旬にも人数や範囲を拡大して調査を再開する方針だ。 



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【発見】長崎・対馬にカワウソ=国内で38年ぶり確認―琉球大 !】の続きを読む


    人気爆発中!可愛すぎるカワウソのアイドルちぃたんにメロメロ
    おたくま経済新聞

    可愛い動物は見ているだけで笑顔になれる魔法を持っているような気がするのですが、SNSやYoutubeなどの動画サイトでも見ない日はないくらい、毎日かわいい動物たちの姿を見ては癒されている人も少なくないと思います。そんな可愛い動物たちの中でもひときわ人気なのが、カワウソのちぃたんです。

    【さらに詳しい元記事はこちら】

    飼い主さんが管理する「カワウソちぃたん☆(@love_otter_love)」というツイッターアカウントもあるちいたんは、2017年4月10日生まれの女の子。二匹の先住ネコさんたちと一緒に暮らしています。

    ちぃたんの飼い主さんによると、カワウソを飼うきっかけとなったのが吉田戦車さんのカワウソ君。出会って以来ずっとカワウソが好きで何十年もカワウソを思い続けてようやく叶ったという事です。犬やネコよりもお世話やしつけなど遥かに大変だそうですが全く苦にならないと言い切っていらっしゃる飼い主さん。ちぃたんに対する愛情がとても深いのがよく分かります。

    ちぃたんをお迎えしたのは数十年仲良くしている日本国内の専門の方からだそうです。フェレットはよくペットショップでも見かけますが、カワウソさんをお迎えするには余程強い思いがないと難しそうですね。密輸が多い生き物だけにかなり慎重になられたという事です。

    さて、筆者は猫を二匹飼っていますがちぃたんのうちにも猫が二匹。うちの子みたいなヤンチャ姫だと狩りのおもちゃにされそうで他の小動物に手を出すなんてなかなか考えられないのですが、ちぃたんのところのネコさんたちはというと……

    「幼い頃から超がつくほど穏やかでネコっぽくなく性格がゆったりしていますので、安心してほかの動物を見せれますので大丈夫でした。
    もちろんいきなり、ご対面!というわけではなく、最初はケージ越しでお互いが慣れる時間は充分に取りましたが。」とのお話。
    なるほど、猫たちの気質にもよりますよね。今ではネコさんたちが尻尾でちぃたんと遊んであげたりする光景も見られるようになりました。

    ところで、カワウソって水辺の生き物のはずなのにちぃたんを見ていると何だか水が苦手そう……。少しずつ風呂桶に水を入れたりしながら慣らしていっているようです。

    「お風呂ですがまだ最初は怖いようですが、それとは裏腹に少し楽しみにしているような素振りも見せます。泳ぎも達者になってきて周囲に気を配れるようにもなってきております(泳ぎ中に突起物などを見つけ触る余裕)このままお水大好きカワウソになっていくのではないかと思っております。」とのお話で、いずれは一人前のカワウソとして立派な泳ぎを見せてくれる様になりそうです。

    このかわうそのちぃたん、ブログYoutubeでも大人気ですが、何とテレビ出演もしています!
    カワウソちぃたん☆が行くホントの日本」という千葉テレビが製作している番組で、何とナビゲーター役で大抜擢!ローカル番組ですがバックナンバーを動画で視聴する事ができるそうなのでこちらも是非チェックしてみて下さいね!

    <記事化協力>
    カワウソちぃたん☆(@love_otter_love)

    (梓川みいな)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【メロメロ】人気爆発中!可愛すぎるカワウソのアイドルちぃたんにもう~メロメロ♡】の続きを読む


    七夕に生まれた白いインドタテガミヤマアラシ=千葉県市原市の市原ぞうの国で2017年8月9日、海老名富夫撮影
    毎日新聞

     市原ぞうの国(千葉県市原市山小川)で7月7日の七夕に生まれたインドタテガミヤマアラシの白い赤ちゃん(雄)が話題になっている。同園はチョロと名付け一般公開している。

     西アジアの熱帯林などに生息する夜行性動物。普通は全体に黒く、首の周辺に白い模様があるが、チョロは全身が白色だった。遺伝子の突然変異で体に色素が無い「アルビノ」の可能性が高いという。生まれる確率は数万匹に1匹と言われ、香川県東かがわ市のしろとり動物園に3月、アルビノのインドタテガミヤマアラシの雄と雌が仲間入りしている。

     人工哺育で育てられたチョロは生後約1カ月で体長25センチ、体重550グラムに成長。今ではクズなどの葉を食べ、愛嬌(あいきょう)を振りまいている。飼育担当者は「白は縁起がいい」と誕生を喜ぶ。問い合わせは市原ぞうの国(0436・88・3001)。【海老名富夫】



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【人気】<ヤマアラシ>白い赤ちゃん「チョロ」七夕生まれ】の続きを読む

    このページのトップヘ