ぺっと速報

ねこの可愛い画像・動画・情報をはじめ、いぬ・うさぎ・ハムスター・かめ等動物全般の画像・動画・情報をまとめました。

    ねこの画像・動画・情報を紹介します♡その他、いぬ・うさぎ・ハムスター・かめ等動物全般紹介します♡

    2017年06月


    真ん中がリビアヤマネコ
    ねとらぼ

     現在、私たちの家で飼われている猫の起源はどこにあるのか――ベルギーのルーヴェン・カトリック大学の研究者が、昔の猫のDNAを調べました。学術誌「Nature Ecology and Evolution」に研究結果が掲載されています。

    【画像】猫の模様の変化

     近東、アフリカ、欧州の遺跡で発見された100〜9000年前の猫200匹以上の骨や歯、皮膚、毛からDNAを採取し分析。それにより、現在の飼い猫の先祖はアフリカ北部と近東に見られる「リビアヤマネコ」と分かったとのこと。

     猫が人に飼われるようになったのは約1万年前(新石器時代)。人類が農耕を始め、穀物を狙ってやってくるネズミが野性の猫を引きつけたと研究者。ネズミから穀物を守るために人は猫を歓迎し、それが家畜化につながったとしています。

     農耕民族の移住に伴って猫も移動していき、後には貿易拠点であるエジプトを経由して欧州などに広まっていきます。猫はエジプトの貿易船のネズミ対策に使われ、東南アジアやアフリカへと拡散。バルト海近くのバイキングの遺跡では、エジプトの猫のDNAを持つ猫の骨が発見されているそうです。

     「エジプトの飼い猫が近東から移動してきた猫の子孫なのか、それともエジプトで別に猫の家畜化が起きたのかはまだ不明だ。さらなる研究で分かるだろう」と研究者。

     また研究では猫の模様についても調査しています。猫は数千年の間、主にネズミ対策として評価され、人々が猫の外見の関心を持つようになったのはあとの時代。今の飼い猫にはブチ模様がよく見られますが、この模様は野性の猫にはなかったもので、野生の猫はサバトラ模様となっています。ブチ模様を生じさせる遺伝子マーカーを調べたところ、ブチ模様は遅くとも14世紀にトルコに登場し、19世紀には交配によってブチ模様が一般的になったとしています。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    あーオレも猫飼って癒されたいわー。


    魚の味もおぼえて1万年


    100~9000年てずいぶん幅広いな。


    にゃーにゃー


    なお猫のほうは家畜になったつもりはない模様でちw


    ペットって家畜なのかな。。。家畜って悪いイメージっていうか使い捨てなイメージあるんだけど。


    1万年も前から猫と人が仲良くしてたのは驚き。うちもそうだけど、これからも仲良くやっていくんでしょうね。逆に人が猫に飼われてる気もしますが




    【猫の家畜化は約1万年前 飼い猫の先祖は「リビアヤマネコ」】の続きを読む


    見つめ合ったら最後、逆らうことはできないかわいさ
    ねとらぼ

     とある会社で部長に就任した猫ちゃんが理想の“かわいい”上司ナンバーワンでした。部長をいつでももふもふしたい……!

    【部長になった猫ちゃん】

     猫部長が働くのは「みんなでまもって騎士」などのゲームを開発するエインシャントで、同社の公式Twitterでは社内のパーティション(仕切り)の上を歩いて運動をする姿が目撃されています。健康を第一に考える猫ちゃん部長、さすがです。

     しかもクリクリの大きくてきれいな目でこちらを見つめながら歩いてくる姿があまりに美人で、すぐにでもオフィスラブに発展しそうです。こんな上司ください……。

     同社に取材したところ、猫部長(9カ月)はアメリカン・ショートヘアの女の子で名前は「奈々」さん。まだ子どもですが、「なんとなく……」といった感じで6月上旬に“部長”に就任。

     そんなふわっと部長になった奈々さんですが、「今では部長と言えば奈々さんのことを意味するようになってしまいました……」とのことで、実際のヒトの方の部長よりも呼ばれる頻度が高くなってしまったもよう。猫部長恐るべし。

     ちなみに奈々さんは同社のイラストレーター・古代彩乃さんの飼い猫で、部長として社内で働くことになったのは同社の社員から「連れてきてほしい」と要望を受けて遊びに来たのがきっかけ。そして社内に動物好きが多いのも相まって、その後は一緒に通勤するように。

     猫部長の出社は「だいたい週に3日程度」で、出社後は2〜3時間ほど社内の様子を見回ったり、のんびり過ごした後、古代さんの昼食どきにそのまま退社しているとのことでした。

     気になる性格については、お家で古代さんの子どもたちにもみくちゃに遊ばれているせいか「抱っこやなでられるのは好きではなさそう」とのことですが、「退屈するとかわいい鳴き声で気を引こうとする」面もあるそうで、そのツンデレ具合がまたかわいい奈々さんなのでした。

     Twitterでは猫部長のツイートに「かわいい」「すごい美人」とメロメロになる人の声が多く寄せられ、広く拡散されるなど話題に。中には「ちょっと求人みてくる」と、そのすてきな職場が気になってしまう人も現れていました。

    画像提供:エインシャント



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    ゴロニャンゴ!


    今すぐこの会社に就職したい。


    エクスペリエンスかと思ったら別会社だった。そういえばあっちは会長だったか


    ほほう キーボードの妨害活動をするのですね すばらしい


    狙われたら最後w


    部長~って言いながらナデナデしたい


    キュートな顔だね


    是非ハンコは肉球でお願いします!!!


    猫は膝に乗っけるに限る


    可愛い部長さんで、とてもほっこりします(o´ω`o)~*


    そしてヒトのほうの部長ナイスアイディアだな。癒しを与える猫を職場に連れてこさせるなんて


    こういう癒しがあったり息抜きが適度にできる会社のほうがアイディアとかは出るだろうね。ストレス抱えてたらアイディアなんてでない


    職場に癒しがあるなんて最高だな


    部長キーボードの上で寝るのはやめてください


    アメショ部長か。社長はロシアンブルーかな?


    美人さんだ・・・


    社員を癒すのがお仕事か。いい部長だw


    部長の手も借りたいw


    これは率先してごますりするわ。


    下手に人間の部長がいるよりは社員の士気が上がるかもしれんな


    ニコニコニュースになっとるwww


    猫部長かわいすぎ


    部長に猫じゃらしを提出したい




    【理想の“かわいい”上司ナンバーワン! 部長に就任した猫ちゃんがオフィスラブに発展しそうなかわいさ】の続きを読む


    上目遣いでも、しょんぼり
    ねとらぼ

     しょんぼりとした顔が特徴な猫「Nutmeg(ナツメグ)」くん。彼は、その顔が示すように大変な人生(猫生)を送ってきたようで、耳はボロボロ、鼻も感染症を患っている状態で保護されました。

    【拡大画像や他の画像】しょんぼり顔

     保護されてから9カ月の間、いくつかの保護施設を転々としてきたナツメグくん。状態は回復したもののしょんぼり顔が、ますますしょんぼりになってしまいそうです。しかしこの度たどり着いた施設「Lollypop Farm」で、ナツメグくんにようやく“家族”が見つかりました。

     施設によると、「完璧な家族で、彼は世界一幸せな猫」なのだとか。しょんぼり顔はきっとこのままですが、これからは、しょんぼりすることなく、たのしいことがいっぱいの猫生になりますように!



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    (´・ω・`)


    おもった以上にショボーン顔だった、幸せになれよ~


    味わい深い顔だな。見てるとじわじわくる


    顔が凄く…しょんぼり(´・ω・`)です。


    よかったね


    (´・ω・`) って可愛いなw


    猫って例外なく飼い猫は(・ω・)って顔で野良猫は(`ω´)って顔してると思ってた


    可愛いじゃないか 記事通り幸せであるよう願うばかりだ


    よい家族に巡り合えて何より。幸せに生きるんだよ。


    可愛いなw


    かわいい


    くしゃみの0.5秒前という感じ


    本当に良かった。猫アレルギーの自分は何もできないけど、引き取ってくれた人に感謝。


    クッソ悲しそうな顔してるけど幸せに生きていけるなら良かったやな


    すごい(´・ω・`)しょぼんしてる。。。


    これからの生活が幸せでありますように


    幸せになってほしい。ただただそう思う。




    【保護施設を転々としてきたしょんぼり顔の猫ちゃん、ついに家族が見つかる】の続きを読む

    このページのトップヘ