ぺっと速報

ねこの可愛い画像・動画・情報をはじめ、いぬ・うさぎ・ハムスター・かめ等動物全般の画像・動画・情報をまとめました。

    ねこの画像・動画・情報を紹介します♡その他、いぬ・うさぎ・ハムスター・かめ等動物全般紹介します♡


    【話題】見た目も完璧ニャ~♡『手作りねこ用寿司』と『キャットフード』 愛猫はどっちを選ぶ?



    (出典 contents.gunosy.com)



    【【話題】見た目も完璧ニャ~♡『手作りねこ用寿司』と『キャットフード』 愛猫はどっちを選ぶ?】の続きを読む


    イメージ画像:「Thinkstock」より
    TOCANA

     死者に対する“埋葬”という行為は、旧石器時代のネアンデルタール人たちも行っていたとされており、他者への共感能力を具えたヒト特有の習慣であるとの考え方が定説となっている。だが、人間同様に家族や仲間を埋葬する動物がいることは、実はあまり知られていない。今回は、埋葬を行う動物3種類の実例を紹介したい。


    ■埋葬という行為に一体どんな意味がある?

     本題に入る前に、まずは人類と埋葬の歴史についてもう少し振り返っておこう。約70万年前に生きていた北京原人の時代、彼らは共食い(食人)を行っていた可能性があるが、埋葬を行っていた形跡は見られないという。つまり、埋葬の起源はネアンデルタール人よりも前の原人や猿人の時代には遡らないというのだ。ただし、そのネアンデルタール人も、仲間の遺体が動物に食われることを恐れて地中に隠したにすぎないという説もあり、埋葬を始めた動機は定かではない。もちろん、ネアンデルタール人とほぼ同時期にアフリカや西アジアに住んでいたホモ・サピエンス(現生人類)も埋葬を行っていたと思われる。

     いずれにしても現在、アカデミックな世界では、埋葬という行為は死者に対する共感や宗教的感情が芽生えることが不可欠であり、ヒト以外の動物では有り得ないと考えられているようだ。ところが、明らかに“埋葬”と同等の行動を示す動物たちが存在するのだ。しかもそれは、意外にもヒトに近い類人猿ではない。たとえば、チンパンジーは仲間の死を嘆き悲しむ感情をもっている可能性が高いとの説もあるが、埋葬までは行わないようだ。

     類人猿でさえ埋葬を行わない――。この事実から推察されるのは、必ずしも高い知能を有し、ヒトに近い動物だから埋葬を行うとは限らないということだ。今回紹介する埋葬を行う動物3種類も、知能が高いことでよく知られているものの、人とは遠く離れた動物である。

    ※その他の画像と動画はコチラ→http://tocana.jp/2017/08/post_13870.html


    【カササギ】

     いきなり鳥類が登場することに驚きを覚える読者も多いだろう。カササギは、日本にも生息するスズメ目カラス科の留鳥(一年中ほぼ同じ地域にすむ鳥)だ。彼らは群れを作らず、主にツガイで行動する。鳥類の中ではもっとも大きな脳をもち、哺乳類以外では初めて「ミラーテスト」をパスした動物でもある。通常、知能の低い動物は鏡で自分の姿を見ても、自分以外の個体が目の前にいると勘違いする。だが、カササギの実験では、明らかに鏡に映っている姿が自分であることを認識したのだ。

     そんなカササギが、なんと仲間の『葬式』を行うという。2015年10月の英紙「Daily Mail」が、米・コロラド大の動物行動学社であるマーク・ベコフ博士の観察を紹介している。ある時、ベコフ氏は道路沿いのある場所で、1羽のカササギの死体の周囲に4羽の仲間が立っている光景を目撃した。すると、4羽が順にクチバシで遺体を撫でるようにつっついた後、1羽が飛び去っていき、草をくわえて戻ってきた。そしてなんと、その草を遺体の上にそっと置いたというのだ。やがて、他の3羽も同様に遺体の上に草を置くと、4羽はまるで「黙祷」するかのように佇み、しばらくして飛び去ったという。

     この状況についてベコフ博士は、動物が“道徳的知性”を持っている証拠だとした。博士の主張は多くの学者の注目を集め、カササギ、カラス、ワタリガラスでも同様の行動を目撃したという情報が寄せられた。これらの事例を踏まえ、ベコフ博士は学術誌上で、「カササギが自分たちなりに死んだ仲間に別れを告げていることは否定できない」と報告した。

     厳密には、“埋葬”という行為は地面に穴を掘って遺体を埋めることを意味するが、カササギのような鳥類にとっては、クチバシをもってしても地面に穴を掘ることは困難だろう。そこで代替手段として、草を遺体にかけるという行動を取るのだろうか。カササギの“埋葬”の場面は、連続写真としてYouTubeで見ることができる。


    【ゾウ】

     ゾウが仲間の死に際して葬儀のような行動を取ることは、決して珍しい事象ではないようだ。ただ、日本や欧米のようにゾウが生息しない国々では、その光景を見る機会がない。少なくともゾウたちが、死んだ仲間に対して鼻で優しく撫でる “哀悼の意”を表しているような行動を取ることは、多くの動物行動学者によって観察されている。

     では、ゾウたちは“埋葬”の行為を行うのだろうか? 現実的な問題として、ゾウのような巨大な動物は、たとえ死んだ仲間を土中に葬りたいと思ったとしても、遺体が入るような大きな穴を掘り、土で埋めるといった行動を取るのは非常に困難だろう。だが、その代わりとしてなのか(?)、草・葉・木の枝などを遺体の上にかけるといった行為を報告している学者もいる。また、遺体の一部を持ち去り、それをどこか別の場所に葬るというような行動を取ることもあるという。

     ゾウたちは、たとえ自分の集団に属さないゾウであっても、たとえば群れがたまたま通りかかった場所にゾウの遺体を見つけると、立ち止まって何が起きているのかを調べ、死んでいるとわかると、遺体を葉や草で覆う行動を取るという。驚くべきことだが、人間でも路上で動物の死骸を見つければ、思わず合掌したくなることもあるだろう。それと似たような感情をゾウも抱いているのだろうか。

     ゾウは通常メスと子どもで群れを形成し、オスたちは単独行動か、またはオス同士で群れを形成して生活する。極めて仲間同士の連帯意識が高い動物のようだ。また、非常に知能が高いことでも知られており、タイ北部チェンマイの「メーサ・エレファント・キャンプ」では、ゾウたちが人間に引けを取らない天才的な油絵を描くパフォーマンスを見ることができる。実際、筆者自身もその制作風景を目の当たりにしたことがあり、YouTube上に公開している。

     上記の「ナショナルジオグラフィック」誌による動画では、米国のシフラ・ゴールデンバーグという博士課過程の学生が2013年にケニアで見かけた光景を自ら解説している。数週間前に55歳(推定)で死んだメスのゾウの遺体を前に、ゾウ数頭が、まるで彼女の死を哀悼するかのようにそのニオイを嗅ぎ、鼻で優しく撫でている様子が収められている。


    【イヌ】

     イヌが仲間を埋葬するような行動を取ることは、今回紹介する3種類の動物の中でもっとも知られているかもしれない。実は本記事を執筆することになったキッカケも、そのような光景を収めた動画をFacebook上で目にしたからだった。

     今年2月、タイ東北部のブリーラム県で撮影された動画が世界中で話題になったので紹介しよう。非常に仲が良い兄弟のイヌがいたが、兄が車に轢かれて死んでしまった。それを悲しんだ弟は、地面に穴を掘り、兄の遺体を埋めるという驚くべき行動に出た。前足で大きく深い穴を掘り、遺体を穴に落とした後、鼻先で土をかけていく光景が収められている。兄弟の絆が非常に深かったためだろうか。見る人に心が洗われるような想いを抱かせる映像だ。

     次の動画は、2015年12月に動画共有サイト「LiveLeak」に投稿されたもの。国は不明だが、チワワと思しき母イヌが、死んだ赤ちゃんをくわえて花壇の柵の中に持っていき、遺体をくわえたまま穴を掘り始める。やがて浅い穴を掘り終えた母犬は、遺体を置くと鼻先で土をかけて埋めていった。子どもを失った母の悲しみが伝わってくる映像だ。

     実は、他にもイヌによる同様の行為を捉えた動画は複数存在する。だが、不思議な事にネコが埋葬行為をする動画はほとんど見られない。ごく例外的に死んだ子ネコを土に埋める母ネコの動画が見つかったくらいだ。ネコも家族や仲間の死を哀しむ気持ちはあるが、イヌほど埋葬という行動は起こさないようだ。

     このイヌとネコの違いは、何に起因するものなのだろうか。イヌの先祖であるオオカミは、数頭の社会的な群れで行動する。「一匹狼」などという言葉があるが、実際のオオカミの世界では、仲間とうまくコミュニケーションを取れない個体のみが単独行動をとる例外的ケースなのだ。どうやら、イヌもそのような習性を受け継いでいるらしい。これに対して、ネコの先祖であるヨーロッパヤマネコは、単独行動を好む。このあたりの違いから推測して、「群れで行動し“仲間意識”が強い動物の一部が埋葬の習慣を覚えた」ということがいえるならば興味深いところだろう。


    ■現代科学でも解明できない動物たちの“心”

     ヒトの場合、埋葬の起源は死者への「畏れ」だったようだ。埋葬行為には、死という現象への理解や来世を考えるなどの抽象的思考力が必要となる。そうであるならば、これまで見てきたように埋葬に類似した行動を取る動物にも同じような認識があり、単に動物における事例が数多く報告されていないだけの話なのかもしれない。

     意外な話だが、現代科学では「動物は感情を有するか?」という命題の結論を得られていない。動物たちの“心”については、まだ謎だらけという状況なのだ。もし動物にも(程度の差こそあれ)人間に似た心や感情があるとしたら、これは驚くべきことだ。ヒトと動物の関係を大きく見直す必要が生じることは必至だろう。今後の科学的研究成果を楽しみに待ちたいところだ。

    (文=百瀬直也)


    ※イメージ画像:「Thinkstock」より



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【注目】「ヒト特有の行為」だったはずの埋葬を行う動物3選! 動物にも“心と感情”がある!!】の続きを読む


    【注目】『コツメカワウソのちぃたん』可愛いです♡


    猫と友達になりたい赤ちゃんカワウソ ようやくぴったりできたのにまさかの寝落ち - BIGLOBEニュース

    ちぃたんは、くつろいでいるチャメちゃんの背中にぴったりとくっつくことに成功した。しかし、最初は甘えるように体を寄せていたちぃたんは、チャメちゃんの背中に手を乗せたままぴたりと静止。念願叶って接近できたにも関わらず、遊ぶことなく眠りに落ちてしまった。ちぃたんは、少し ...
    (出典:BIGLOBEニュース)



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    【【注目】『コツメカワウソのちぃたん』可愛いです♡】の続きを読む

    このページのトップヘ